先頭に戻る

クリスマスデートするならこんな服装で!

彼女とのクリスマスデート、何を着て行こうか迷いますね。
「カッコイイ」って惚れ直させるには?

 

デートシーン別におすすめコーディネートテクを紹介します。

 

 

1、イルミネーションデート

大人のデートとしては、夜景は外せません。
でも、外はとても寒いです。
かと言って、電車移動やお店に入ったりすることも考えると、ただ厚着をすれば良いってもんじゃありません!

 

ここは、マフラーや手袋などの小物を上手に使いましょう。

マフラー

マフラーを首に巻くだけでも体感温度は約3℃高くなります。

 

手袋は彼女がしていなかったら、片方貸してあげて、反対の手はつないで温める、なんていうのも、女の子が好きなシーンです。

手袋

手袋はスマホ対応のものを選べば、手袋をしたままスマホの操作ができますよ。

 

女の子は寒さに弱い人が多いです。
あなたが寒いなと感じるなら、彼女も寒いはず。

自分ひとりで厚着をして、イルミネーション写真撮影に必死になってはデートも興ざめ。

 

男性のファッションにガッカリするより、「思いやりのなさ(寒いのに全然気が付いてくれない)」にガッカリする女の子の方が多いです。
プロジェクションマッピングなど、寒い場所に長時間いないといけない場合は、ホッカイロなどを用意して「寒い=ツライ」思い出にならないようにしましょう。

>>目次に戻る

 

1-1、帽子は被って大丈夫?

帽子を被った雪だるま

防寒具の1つとして思いつくのが帽子。
小顔効果もあるし、スタイルを良く見せるには活用した方が良いアイテムです。

 

でも、イルミネーションを見た後で、どこかで食事をする予定なら、髪型がペタンコにならないように注意しましょう。

 

30代男性が食事中も帽子を被ったままだと、「常識がないのかな?」と思われる危険もあります。
帽子は食事の時にとっても髪型が乱れない、もしくはすぐにセットができる髪型にしておきましょう。

>>目次に戻る

 

2、お洒落なレストランでクリスマスディナー

いつもよりオシャレにシャンパンなんか飲みながら食事したいな〜と言う場合は、テーラードジャケットがピッタリです。
パンツはデニム以外のキレイめなデザインを選んで下さい。

ジャケットスタイル

 

カジュアルになら、シャツにセーターを重ねるコーデがきちんと感もあっておすすめです。

ニットスタイル

 

ホテルのレストランはドレスコードがあることが多いので、事前確認を忘れないようにしましょう。

>>目次に戻る

 

2-1、超高級レストランにデニムはNG?

ジーンズ

デニムも着こなし方によってはお洒落でキレイめに見えます。
でも、超高級レストランでは避けた方が無難です。

 

なぜなら、デニムはもともと労働者の作業着がルーツだからです。
破けにくい丈夫なデニムは、ゴールドラッシュで金を発掘する労働者に愛用されていました。

 

今ではそんなイメージはないし、デニムで来店する方もいます。
でも、雰囲気を楽しみたい場合や、彼女が気にする場合もあるので、超高級レストランデートの時はデニムは避けておきましょう。

>>目次に戻る