先頭に戻る

ウィンドウペン柄はシャツが爽やかでおすすめ

数年前からじわじわ人気が出て、今や定番のウィンドウペン。
秋、冬に特におすすめしたいチェック柄です。

 

 

1、ウィンドウペンとは?

1色のみの線で描かれた格子柄です。
ウィンドウは『窓』。
窓格子を見たことがあると、イメージがつきやすいでしょう。
窓
他のチェック柄との違いは、線が等間隔でシンプルに交わり、色も生地の色と線の色のみで表現されているところです。

 

カジュアルになりがちなギンガムチェックやタータンチェック、マドラスチェックに比べ、シックで大人っぽい印象になるため、ビジネスシーンでも活用できる柄です。

>>目次に戻る

 

1-1、定番カラーは?

  • 白地に紺の線
  • 白地に黒の線
  • 紺地に白の線
  • 青地に白の線
  • 黒地に白の線

など、落ち着いた組み合わせが多く好まれます。

 

派手な色の組み合わせはほとんどないため、30代男性でも気負うことなく取り入れられますよ。

>>目次に戻る

 

1-2、線の太さで雰囲気が変わる

線が細いとキレイめ。
細い線

 

線が太いとカジュアルになります。
太い線

 

線が太いものは主張が強くなるため、初心者は線が細めのウィンドウペンチェックがコーディネートしやすくておすすめです。

>>目次に戻る

 

2、シャツで取り入れて爽やかに

女性の場合はウィンドウペンチェックのスカートやワンピースも多いですが、男性が着る場合はシャツがおすすめです。

 

特に、白×ネイビーの組み合わせは爽やかさ抜群。
女性ウケも良いカラーです。
ウィンドウペンチェックのシャツ

>>目次に戻る

 

2-1、無地パンツとコーディネート

まずは、シャツ1枚で無地のパンツに組み合わせてみましょう。
パンツコーデ
ストールやアクセサリーを使わなくても、目線が上に行くため、足長効果があります。

 

他の種類のチェック柄に比べ、おとなしい印象になりますが、柄のないシャツよりオシャレに見えます。

>>目次に戻る

 

2-2、羽織り物として活用

ウィンドウペン柄は、実は膨張して見えやすい欠点があります。
そのため、1枚で着ると身体が大きく見える人もいます。
そんな時は、前ボタンを開けて、カットソーの上に羽織るのがおすすめ。
縦ラインが強調されるため、スリムに見えます。
羽織る

>>目次に戻る

 

2-3、インナーとして

カーディガンやジャケットのインナーに着るのもおすすめです。
ボタンを締めて首元だけ見せれば、チェックがワンポイントになり、ボタンをはずして着れば、チェックの部分が多く見えてカジュアルなオシャレを楽しめます。
インナーに

>>目次に戻る