先頭に戻る

パンツ丈直しができる男性服通販サイト

通販で買ったパンツは、自分で裾上げをしないとダメって思い込んでいましたが、最近ではそうでもありません。

 

指定したサイズに丈詰めをして送ってくれる通販サイトが増えてきました。

 

1、スプートニクス【パンツ丈直し無料】

注文したパンツの丈直しが無料!
普通、お直しに出すと1000円〜2000円くらいかかるので、かなりお得です。

 

美脚パンツ
【ボトムス丈直し無料】スプートニクス

 

注文する時に、希望のパンツ丈を入力します。
すると、その長さになるように調整して送ってくれます。

 

丈直しを依頼しない場合に比べて、届くまでに2〜3日余分にかかりますが、他店に持ち込む手間を考えれば、待つだけでラク。
余裕をもって注文すれば問題ありません。

>>目次に戻る

 

2、メンズスタイル【裾上げ有料】

専門業者に依頼しているため料金が1260円かかります。
しかも、期間も3日〜1週間ほどかかってしまいます。

 

ストレッチパンツ
【裾上げできます】メンズスタイル

 

メンズスタイル⇒専門業者⇒メンズスタイル
と言った具合に、商品の移動が必要になるため、仕方ありません。

 

値段と時間をガマンすれば、仕上がりはとてもキレイで満足できるはず。

>>目次に戻る

 

3、パンツ丈を指定する方法

備考欄に希望の長さを書いて注文します。
備考欄
※「切る長さ」ではなく、「パンツの股下の長さ」です。
指定する部分

 

単位はcm(センチ)が一般的です。
例:「裾上げ希望 股下78cm」「78センチに丈直し」など。

>>目次に戻る

 

3-1、手持ちの服を基準に長さを決める

本当は、裾上げをするパンツを履いて長さを決めるのが1番。
でも、通販服だとそうも行きません。

 

そこで、簡単に丈を合わせるには、手持ち服のサイズに合わせることをおすすめします。
いつも履いているパンツの長さに合わせて注文すればいいのです。

 

最近買ったパンツなら、そのままの丈でかまいません。
1年以上前に買い、洗濯を繰り返している場合は、多少縮んでいる場合があります。
昔買ったパンツを基準にする場合は、1cmくらい長めにしておきましょう。

>>目次に戻る

 

3-2、パンツ丈=脚の長さ?

パンツ丈=脚の長さ
と思い込んでいたら、それは間違いです。

 

基本的に、脚の長さを基準に股下を指定してかまいませんが、普段履く靴のかかとの高さや形もパンツ丈に影響してきます。
かかとが高めの革靴であれば、股下と同じ長さでも着れます。
しかし、スニーカーのようにペタンコ靴だと、裾を引きずってしまうこともあります。
靴

>>目次に戻る

 

4、丈直しは必要?

このパンツ、カッコいいなぁ

 

って思ったら、まずはサイズをチェックしましょう。

 

通販サイトは、ほとんどの場合平置きサイズ(服を平らな所に置いて測った実寸)を載せています。
ウェストや、太もも周りはもちろんですが、パンツ丈も必ず確認!
もし、長すぎる場合は、お直しが必要になります。

>>目次に戻る

 

「買ったのに着ない」を予防

届いたらすぐに履きたいのに、パンツの丈が長すぎる。
裾直しができるお店に持って行ったら、遅いと1週間くらいかかることもあります。
これは、時間のムダ!

 

こんな面倒な思いをするなら、パンツ丈直しをして送ってくれる通販サイトを利用した方が良いでしょう。
買ったまま着ない放置服を減らすことにもつながりますよ。
ひらめき

>>目次に戻る

 

5、裾上げの注意点

裾上げをしたパンツは返品できなくなります。
最初は1本試しに注文してみて、予想通りの出来上がりかを確認しても良いでしょう。

 

また、短くしすぎたパンツを長くすることは基本的にできません。
長さを決めるのは慎重に!

>>目次に戻る