先頭に戻る

30代男性がお金を出したいファッションアイテム

高いからオシャレという考え方は、もう古い!

 

最近のファッションは、安いものと高いものを上手に組み合わせるのが主流です。

 

では、どこにお金をかけるべきか?
具体的に紹介します。

 

 

1、お金をかけるべきアイテム

10万円

ポイントは、

  • 長く使えること
  • ほぼ毎日使うこと

 

あなたの分身を選ぶつもりで、今持っているものがふさわしいか見極めましょう。

>>目次に戻る

 

1-1、腕時計

手元は視線が集中しやすい場所です。
あなた自身も、相手の時計を見てどんな人か判断することがあるのではないでしょうか。

 

一目で高級ブランドとわかる高い時計をしていれば
 ・かなり稼いでいるのかな
 ・ブランドが好きなのかな
と、思うことでしょう。

 

ブランドはわからなくても、シンプルな時計をしていれば
 ・マジメそう

 

デザインが変わった時計をしていれば
 ・こう言う色柄が好きなんだな
と、その人のことを想像できますね。

 

同じように、あなたも時計で判断されている可能性があります。
さりげなくあなたの個性が出る腕時計を選ぶと、見た人はどんなものが好きか想像しやすいし、それを元に話をすることができます。
口下手な人は、特に、時計で好みをアピールする気持ちを持ちましょう。

>>目次に戻る

 

1-2、財布

高い財布はお金を呼び込む
二つ折り財布はお金が溜まらない
などの風水を信じる、信じないは別として、財布は上質なものを選びましょう。

 

ブランドにこだわる必要はありませんが、30代にもなって高校生くらいから使って良そうなマジックテープで止める財布を持っている人とデートしたいと思う女性はいません。

 

金銭感覚に直結するアイテムでもあるので、大人の余裕が垣間見える財布を選びましょう。

>>目次に戻る

 

2、できたらお金をかけるアイテム

お金を出す

安いものでも全然かまいませんが、目を引くアイテムは高いものを買っても損しません。

 

もし、ファッションにかけるお金に余裕があるのであれば、時々高いものも取り入れてみましょう。

>>目次に戻る

 

2-1、アウター

定番の形と言っても、5年、10年すると流行遅れになります。
買う時は着る機会が多いことを条件にしましょう。

 

アウターは着ている時に目立つだけでなく、お店でコートを預けたりする場合もあります。
意外と人に触れられることが多いので、品質の良いものかどうか、他人にもわかる場合があります。

>>目次に戻る

 

2-2、靴

お洒落な人は足元が違う
と、よく言いますね。

 

ただ、
「高い靴を履く=お洒落」ではなく、
「手入れされた靴を履く=お洒落」なので、間違わないように!

 

靴にお金をかけるなら、ぜひ、あなたの足にフィットする1足を探してください。
歩き方も変わってくるので、靴がカッコイイと言うより、立姿・歩く姿がカッコよくなります。

>>目次に戻る

 

3、お金を掛けなくてよいもの

貯金箱

反対に「これは安くて良い」と言うのは、ズバリ、消耗品。

 

下着・靴下・肌着はくたびれたら交換。
シャツも襟や脇にシミが出たら早めに交換しましょう。

 

洗っていても、見た目が汚い服は不衛生に女性は感じます。
安物でかまわないので、常に清潔を保ちましょう。

>>目次に戻る