先頭に戻る

寒くなったらマフラーをオシャレのアクセントに

寒いっ

 

っと思った時、首をすぼめて、背を丸くして歩いていませんか?
その体制、肩こりの原因にもなるし、何と言ってもオシャレではありません!

 

寒い日は、マフラーを巻いて、首から入る冷気をシャットアウト!
颯爽とカッコ良く歩きましょう。

 

30代男性におすすめのマフラー

1、無地

初心者におすすめなのが無地のマフラーです。
オンからオフまで、どんな柄の服にも合わせられるので、迷ったらこれでOK!

 

30代男性なら、チャコールグレー(濃いグレー)が似合うでしょう。
カジュアルな服装も大人っぽい落ち着きが感じられます。
チャコールグレーのマフラー

 

無難な黒を選んでしまいがちですが、黒だとマフラーの存在感が強過ぎることがあるため、グレー系の方が服に馴染みやすく、使用シーンが広がります。

 

オフシーンなら、ワインカラーもワンポイントになるのでおすすめ。
渋い色を選べば、30代の大人の魅力を醸し出すのにもぴったりです。

>>目次に戻る

 

2、ストライプ

マフラーの定番柄と言えばストライプ!
シャープな印象になるため、カジュアルはもちろん、ビジネスシーンでも使用可能です。
黒地に白のストライプ柄

 

ビジネスシーンに使うならカラーは控えめ、素材はニットを避けた方がシックになります。
カジュアルに使うなら、マルチカラーのストライプもオシャレです。

>>目次に戻る

 

3、ニット素材

カジュアルな服装の時はニット素材がおすすめです。
ざっくりとした網目ならカジュアル度が増し、見た目も温かそうです。
季節感のある素材なので、11月から2月くらいまでがおすすめ。
3月に入ると、ちょっと重たく感じるので、その場合は、色を明るいベージュなどにして軽さを出しましょう。

 

ワンランクお洒落を目指すなら、綺麗めな服に合わせてみましょう。
テイストをミックスすることで、こなれたオシャレを楽しめます。
ニットのマフラー

>>目次に戻る

 

4、チェック

女の子に『可愛い』と言わせたいならチェックが最適!
チェックのマフラー

 

ただ、子供っぽい雰囲気にもなりがちなので、大人のカッコ良さをなくさないように注意!
学生のように首にグルグル巻きではなく、一巻きしてサラっと流すとスマートです。

 

薄手素材のストールを使っても良いでしょう。
出す面によってチェックの柄の見え方が変わるので、そこまでこだわれるとかなりオシャレ上級者です。

>>目次に戻る