先頭に戻る

30代と20代の男性ファッションは何が違う?

30代に入り、今まで着ていた服が似合わなくなったと感じたことはありませんか。

 

例えば、定番のジャケット、シャツ、パンツのスタイル。
20代と30代では微妙に変わります。
そのままの着こなしでは若作りしていると周りに思われているかも。

 

年齢によって、服装はどのように変えるべきなのでしょうか。

 

1、20代のスタイル

20代のジャケットスタイル
20代の頃はわりと細身の方も多いせいか、丈が短めでスリムなタイプのジャケットを好む人が多い傾向にあります。
コンパクトなジャケットにシルバーアクセサリーを合わせるスタイルはクールですね。
そして誰もが1枚は持っているブラックのジャケット。
でも、30代にとってはここが落とし穴。

>>目次に戻る

 

2、30代のスタイル

30代のジャケットスタイル
ボトムをデニムにしてカジュアルにしても、シルバーアクセサリーを控えて、スリムなグレーのジャケットにしたらこんなに大人な雰囲気に代わります。
ジャケットは丈が長すぎるとオヤジっぽくなり、足も短く見えます。
スーツだと丈が長めのジャケットを着用しますが、私服のジャケット場合は腰骨より拳1つ分長いくらいが足長効果も期待できておすすめです。

>>目次に戻る

 

3、30代にはベージュもおすすめ

20代でベージュのジャケットは中々着にくかった経験がある方も、ぜひチャレンジしてみましょう。
爽やかさの中に落ち着きがあり、大人の魅力があります。
ベージュは膨張色なのでサイズ選びは慎重に!
30代後半になるとゆったりめのベージュのジャケットが似合うようになる方もいらっしゃいますが、大きすぎるとオヤジ臭く感じるため、まずはスリムなジャケットを試着してみましょう。
30代のジャケットスタイル

>>目次に戻る

 

4、サイズ選びに注意を

ここまで述べてきたので、薄々感づいている方もいらっしゃると思いますが、30代と20代の男性ファッションの違いはズバリ「サイズ感」です。
20代では小さめ、細め、ピタピタと言った言葉で形容されるような服でも似合います。
ところが、30代になると、人によっては余分なお肉が気になり始めることでしょう。
これを上手く隠すには、小さすぎる服は逆効果です。
スリムだけどピタピタしすぎない、ちょうど良いサイズ服を選ぶのが第一です。

>>目次に戻る

 

5、アクセサリーは控えめに

アクセサリーを使う男性は多くないかもしれませんが、若いころに使っていたものは一度見直した方が良いかもしれません。
大ぶりで安っぽいものは似合わなくなります。
男性ファッションにおいても、アクセサリーはおしゃれを格上げするためには欠かせないアイテムです。
つけた時に目立ちすぎないさりげないものに変えて行くと良いでしょう。

>>目次に戻る