先頭に戻る

2017年1月に狙うのはダウンジャケット

アウターを買うなら、今!
今買わないと、着れる時期も短くなってしまって、損です!

 

しかも、2017年1月になり、セールをしているショップが増えています。
普段●万円もするアウターが30%OFF、50%OFFって、かなりデカい!
このチャンスに、お気に入りアウターを増やしましょう!

1、ダウン90%!スーツの上にも着れるダウンジャケット

スーツに合うダウンジャケット

「通勤が寒すぎてヤバイ」
それなら、スーツの上からでも着れるダウンジャケットを選びましょう。
さらに、ダウン90%:フェザー10%の極上ダウンジャケットなら、いきなり「北海道へ出張」と言われても慌てずに済むかも。

 

「そんなに寒い所は行かない」
と言う方も、今なら定価39,744円から30%OFFの25,760円!
高品質のダウンジャケットが手ごろな値段になっているので、買える内に買っておいた方が得ですよ!

>>目次に戻る

 

1-1、ポケットが多くて機能的

内ポケット

外側のポケットだけでなく、内ポケットも右に1個、左に2個ついています。
スマホや鍵など、ちょっとした物を入れるのにとても便利。

 

大きなポケットの口にはゴムが入っているので、入れやすく、落ちにくいですよ。

>>目次に戻る

 

1-2、フードの着脱OK!2WAYで着用可能

フードの着脱

「スーツにフードはないな」
と言う方、安心して下さい。
フードは取り外しができます。

 

防寒対策としてはフードがあった方が温かいのですが、カジュアル感が強くなってしまいますよね。
そんな時は、フードを取り外して着用すると、スタンドカラーっぽくなります。
ブラックやモカブラウン、ネイビー等、落ち着いたカラーなら、ビジネスシーンでも気兼ねなく着用できますよ。

>>目次に戻る

 

2、表面がウールのダウンジャケット

表面がウールのダウンジャケット

ナイロン素材のダウンジャケットは軽くて暖かいけど、どこでも売っていそうですよね。
一味違うダウンジャケットを探しているなら、表面がメルトンウールのダウンジャケットがおすすめです。
中綿の比率もダウン80%:フェザー20%で、申し分ない暖かさ♪
ゴツくなりそうな素材ですが、フードがついてて女性ウケするデザインに仕上がっています。

>>目次に戻る

 

2-1、ウールなのに軽い!

ダウンジャケットのメリットと言えば、軽さ。
ユニクロのウルトラライトダウンは、ダウンとフェザーの軽さだけでなく、生地の軽さにもこだわり、裏地をつけずに縫製を仕上げる程です。

 

重たいジャケットは肩が凝るし、デザインが気に入って買っても次第に着なくなってしまうこともあります。
その点、軽いジャケットは「寒そう」と思ったらサッと手が伸びますね。

 

そんな軽いのが利点のダウンジャケットにウール素材を組み合わせたら、せっかくの軽さが死んでしまう・・・そんな心配があります。

 

でも、スプートニクスの550gピュアウールメルトンスタンドフードダウンジャケットは、ウール60%:ポリエステル40%の生地ながら、148cm×100cm四方の生地の重量が550gしかない、薄くて軽いメルトン素材を使用しています。
そのため、密度が高いしっかりとした生地のジャケットなのに、軽さも兼ね備えています。

>>目次に戻る

 

2-2、サイドスリット入り

サイドスリット

「ジャケットの前を閉めたら、腰回りが窮屈で動きにくい」と感じたことはありませんか?
そんな窮屈さを改善するのが、サイドスリット。
防寒のため、裾にリブを入れたり、風が入って来ないように絞れるようにデザインが多い冬アウターとしては、珍しいデザインです。

ベージュのジャケット

前から見た時も丸みがあって可愛い。
こう言うさりげないこだわりデザインが女の子にモテるんです(*'▽')

>>目次に戻る