先頭に戻る

動きやすいカットジャケット【2016年3月おすすめ】

2016年関東の春一番は2月14日のバレンタインでしたね。
恋の嵐はいかがでしょうか〜?

 

まだまだ朝晩冷え込みますが、春はもうすぐそこ!
3月に入ったら、春のファッション準備を始めましょう!

 

この時期おすすめなのが、ジャケットです。
特に動きやすいカットジャケットなら、今の時期はコートのインナーとしても活躍しますよ!
普通のジャケットに比べて価格もお手頃なので1枚そろえておいてはいかがでしょうか。

 

カットジャケット大集合

 

 

1、インナーにも着れるカットジャケット

冒頭でも紹介したように、カットジャケットはインナーにもアウターにもできます。
でも、生地が厚めのものはインナーとして着ると腕回りがきつく感じてしまうので、よほど痩せている方以外には着にくいでしょう。
普通体型の方でも着回ししやすいのは、比較的生地が薄めのカットジャケットです。

>>目次に戻る

 

1-1、テーラードジャケットタイプ

迷ったらこれ!と言っても良いほど定番の形。
普段のジャケットと同じ感覚で着れる方も多いのではないでしょうか。

テーラードタイプ

 

「仕事着」にしないためには、ジャケットのインナーはカットソーやニットを合わせるのがポイント!
シャツなら無地よりチェック柄などを選んでカジュアルダウンすると、カットジャケットの柔らかなイメージがより生きてきます。

>>目次に戻る

 

1-2、カーディガンタイプ

ガッチリ体型など、テーラードジャケットは似合わないと感じる方は、カーディガンのように着れるタイプを選びましょう。

カーディガンタイプ

 

ボタンラインにトリコロールテープが縫われているので、ボタンを開けて着る時にアクセントになります。
縦ラインが強調され、細く見えたり、小顔に見える効果がありますよ。

>>目次に戻る

 

2、1枚で温かいカットジャケット

重ね着が苦手な方は、生地が厚めのものを選んで暖かめの日のアウターにしましょう。
15℃以上あれば、インナーを工夫すると寒くないと思います。

>>目次に戻る

 

2-1、縦襟で保温力が高いタイプ

首元に風が当たると、体感温度が2〜3℃低く感じます。
まだ寒い3月にカットソー生地では心もとない・・・
そこでお勧めしたいのが、縦襟つきのタイプです。

縦襟付き

>>目次に戻る

 

胸元のジップデザインや、袖のベルトなどアクセントが効いていてメリハリがあります。
メンズスタイルで1番売れているカットジャケットです。
シルエットがキレイで細く見えるのに、生地が柔らかくストレッチが効いていて下にニットやヒートテックインナーなど数枚を着こんでも窮屈になりにくいのも人気ポイントです。

>>目次に戻る

 

2-2、とことんカジュアルなパーカー

意外と女の子ウケするのがパーカースタイル。
でも、流行のフード付きジャケットタイプは30代男性が着ると若作りっぽく見えてしまうので注意!
潔くシンプルなパーカーの方がカッコイイです!

パーカー

 

大人っぽく見せるコツは、「安っぽく見せない」こと。
チノパンよりダメージデニムでワイルドさをプラスしたり、モノトーンでまとめて刺し色をプラスするのがお洒落格上げポイント!
大人の休日ファッションに最適ですよ。

>>目次に戻る