先頭に戻る

2016年6月のおすすめ【雨の日デート服】

てるてる坊主

「ああ、明日のデート、晴れないかな・・・」

 

雨の日の外出程面倒なものはありません。

 

ましてや、
デートとなると、服が雨で濡れるんじゃないかとか、
あまり女の子を歩かせちゃダメかなとか、
余分な気がかりが・・・

 

そこで、2016年6月のおすすめ雨の日デートアイテムを紹介します!

 

 

1、トップスはポロシャツで爽やかに

白いポロシャツ

万が一のことを考えると、濡れたシャツを着ているのは気持ち悪いですよね。
かと言って、Tシャツではカジュアルすぎる・・・

 

そんな時は、ポロシャツで!
ここ数年、夏のオシャレアイテムとして注目を集めています。

 

濡れても肌に貼りつきにくいポロシャツなら、ジメジメした6月の雨の日デートでも快適です。

 

30代男性にとって嬉しいのは、襟付きで程よいハリのある生地がラフすぎないため着こなしやすいこと。

 

カーディガンやジャケットなどとの相性も良く、カジュアルシャツの延長上のイメージでコーディネートすれば失敗がありません。

>>目次に戻る

 

1-1、襟や袖口の裏地をオシャレにすると女性ウケする

ここで一つ、ポロシャツ選びの極意を伝授します!

 

チラ見えする裏地に遊び心を加えること。

 

無地のポロシャツって、シンプルすぎてつまんないんです。
そこに、襟やボタン、袖の裏地にポイントができれば、オシャレ度は簡単にアップします!

裏地のポイント

 

特に、ポロシャツ1枚で着る時には、あるデザインとないデザインでは全く印象が違います。
そして、このような小技が効いてる服は女の子の目に止まりやすいので、センスがいいイメージを持ってもらえますよ。

>>目次に戻る

 

1-2、肌寒い日は羽織り物をプラス

パーカーを羽織るスタイル

半袖のポロシャツに七分袖や長袖の羽織り物をプラスすれば、様々な気温に対応できます。。

 

6月は雨が降ると肌寒い日もありますね。
そんな日は、迷わず1枚羽織ることをおすすめします。

 

カーディガンやパーカーなど、意外と何でも合いますよ。

 

途中、暑くなって脱いだら腰巻にしてもOK。

 

また、彼女が寒そうだったら、さりげなく「着る?」と渡してあげれば好感度アップも狙えます。

 

羽織り物はモテワザにかなり使えるので、何にでも合わせられるシンプルな1枚を持っていると便利ですよ。

>>目次に戻る