先頭に戻る

スエードシューズでコーデを格上げ【2016年7月】

蚊取り豚

あつい〜
でも、手を抜けないのが夏のオシャレ。

 

だって、手を抜いたら、ヨレT&ジーンズと言う、なんとも情けない格好に・・・

 

夏のオシャレこそ、キチンと感が女性ウケします。

 

でも、暑い・・・
それなら、足元でキリッと大人のカッコよさを演出しましょう。

 

 

1、夏の履物は?

履き込んだサンダル

夏と言えば、サンダル。
これは外せません!
特に、海や川などアウトドアデートには欠かせない!

 

でも、街デートでも、それ、履けますか?
お洒落なカフェやレストランに堂々と入れますか?

 

うーん(゜-゜)
と悩むなら、それはやめておいた方が良いでしょう。

 

サンダルでどこにでも行けるのは20代まで。
30代男性なら、TPOに合わせた履物を用意しましょう。

>>目次に戻る

 

2、7月でも履けるスエードシューズ

スエードと言うと、秋冬のイメージが強いと思います。
でも、実は、色を選ぶと夏でもOK!
7月に履いても全然おかしくないんです。

 

そこでおすすめしたいのが、スエードを使ったカジュアルシューズ。
形はスニーカーなので、休日デートにもってこい!
でも、素材はスエード風の上質な生地。
このバランスが大人カッコイイです!
2016年の夏、サンダルの他にもう1足定番化してほしいシューズです。

 

グレーとネイビー

>>目次に戻る

 

2-1、半端丈パンツにもよく合います

コーディネート例

こちらのスエードシューズは夏の定番、半端丈パンツに合わせても軽やかに決まります!

 

と言うのも、抜け感のある色で爽やかな雰囲気があるから。

 

重たいブラウンで、こうは行きません。

>>目次に戻る

 

2-3、革靴の代わりに

スエードシューズ

7月に革靴はちょっと暑苦しい・・・
でもスニーカーでは若すぎる・・・

 

そんな時、素材だけ大人なスエードの紐靴ならどうでしょう?

 

革より軽やかで、布のスニーカーよりきちんとした印象になります。

 

「革靴代わりに」と思っておけば、買ってみて「いつ履いていいかわからない」と困ることもないため、出番も多くなりますよ。

>>目次に戻る

 

3、履く前にお手入れを!

防水スプレー

特に白っぽい色の場合、汚れが目立ちますよね。
汚れた靴なんて、オシャレさ半減・・・

 

でも、スエードシューズは水洗いすると風合いを損ねる場合があります。

 

そこで、履く前に防水スプレーをかけておくことをおすすめします。
水濡れに強くなるだけでなく、汚れもはじくため、キレイな状態をキープしやすくなります。

 

購入後、まず、内側など目立たない部分に防水スプレーをかけ、生地が変色しないことを確認してから全体にまんべんなく吹きかけましょう。

 

>>目次に戻る