先頭に戻る

2016年2月は厚手ケーブルニットカーデを投入!

厚手ニットを今から買ってもほとんど着る機会がない
という考えは、大きな間違い!

 

実は、厚手ニットは2月から4月まで着回しができる便利アイテム。
2016年は暖冬なこともあり、必ず活躍しますよ!

 

 

1、厚手ニットの着まわし方

まず、どのくらい厚手のニットが活躍するのか?
百聞は一見に如かず!
ご覧ください!

2月から4月までのコーデ例

 

この通り、

  • 2月の雪が降るような寒い日は、ダウンコートや厚手アウターのインナーとして
  • 3月で暖かい日が増えたら、軽めコートのインナーに
  • 4月になってコートがいらない日は、ライトアウターとして

気温に合わせて着方を変えられるので、3ヶ月間休みなく活用できます。

>>目次に戻る

 

1-1、インナーに厚手ニットだと、コートがきつくなりそう

30代男性は、体型の崩れも出てくるので、なるべく身体のラインをキレイに見せる細身アウターを選ぶ人が多いと思います。
そうなると、中にあまり着こめないのが難点。
厚手ニットなんて、袖や肩、ウエストまわりがギュウギュウになりそうですね。

 

ギュウギュウにならないためにも、なるべくシルエットがスッキリしたニットを選びましょう。

スリムなライン

 

余計なたるみが出ないので、腕を曲げたりするのがラクですよ。

>>目次に戻る

 

1-2、ストレッチが効いていれば、スリムでもきつくない

ぴったりフィットしたスリムなカーディガンは、見ているだけならカッコイイですが、いざ着るとなると窮屈だったりしませんか?

 

それを解消するには、ストレッチ性が重要。
しっかり伸びて、でも、伸びっぱなしにならない丈夫さは必須です!(伸びて肘が出たニットなんてカッコ悪いですからね)

ストレッチが効くニット

>>目次に戻る

 

2、1年着ても、未だ現役です!

実は・・・私も昨年、こちらのニットカーデを購入済みです。

 

ケーブル編みが縦ラインに入っていて、細見え効果が高そうだな〜と思い、実際に着てみて本当に痩せて見える!
モデルが着てカッコイイのは当たりまえですが、30代男性が着てもちゃんとシルエットがキレイでカッコイイ(*'ω'*)
ニットが厚くてしっかりしているので、体型の難を隠してくれるんですよね〜♪

 

周りからの評判も良いので、昨年だけでもかなりヘビロテしました。

 

そして、今年もヘビロテ中!

昨年買ったニットカーデ

毛玉、生地の伸びなどの痛みがほとんどなく、秋口からすでに活躍しています!

 

ちなみに、今年は新色が増えて全6色になったそうです。

6色

 

かなり使えるので、もう1枚追加しようか・・・迷います(*'▽')
今買って、4月まで着て、寒くなった10月くらいからまた着る機会が多くなるはずなので、買っておいて絶対損はないですよ!

>>目次に戻る