先頭に戻る

カッコイイ秋アウター【2015年10月おすすめ服】

10月に入ると、長袖シャツ1枚では寒くなって来ますね。
そろそろアウターを準備し始めませんか?

 

2015年秋はミリタリーテイストやボヘミアンテイストが流行っています。
でも、これらは30代男性にはカジュアルすぎて少々手が出しにくいテイスト。
アウターのような大物はシンプルな定番ものを選び、小物で流行のテイストを加えましょう。

 

 

1、アウターのススメ

「寒いなら、インナーに着ればいいんじゃないの?」
と思った方、ハズレです。

 

オシャレには季節感が大事!
シャツ1枚と、シャツにカーディガンを羽織ったコーデ、どちらが秋っぽいですか?
シャツだけ
羽織る場合

 

当然、カーディガンを羽織ったコーデ!
寒さをしのげれば何でもいいわけではありません。

 

>>目次に戻る

 

1-1、長く着るならニットアウター

秋のニットは春に比べて暖かみがあることが重要!
素材はお手入れがラクなアクリルがお勧めです。

 

ニットアウターは風を通すので、普通のアウターに比べて蒸れにくいメリットがあります。

 

その反面、寒くなると着ていても意味がないのでは?と思うくらいに寒いっ!
そんな時は、上からコートを羽織ります。
コートを羽織る

 

こうすることで、ニットとコートの間に空気の層が生まれ、保温力が増し、より暖かくなります。

 

これが、ニットアウターを10月に買っておくと年明けの極寒の時期、さらには温かくなって来た春先まで長期間活躍する理由です。

 

また、普通のコートに比べて、価格も安いので、色々な色や形をそろえやすいのも魅力です。

 

>>目次に戻る

 

1-2、スタイル良く見えるメルトンコート

コートは着太りします!

 

ただでさえ、重ね着をする季節。
厚いコートはブクブクとした印象を与えてしまうのです。

 

スッキリ見せるには?
コートの生地とシルエットが重要!

 

内側からの厚さを見せなければ、スッキリスマートに見えます。

 

暖かさをスッキリした見た目を両立したい人にお勧めなのが「メルトン」と言う生地です。
メルトンとは、ウールを圧縮したもので、薄いのに保温性が高い素材です。

 

そんなメルトン生地で、ウエストをシェイプして作ったのが、このコート!
シェイプデザイン

 

長すぎない着丈は足長効果があるのはもちろん、動きやすいので自転車やバイクに乗る人にもお勧めです。

 

価格は24,800円とやや高めですが、どんなアイテムにも合わせやすいシンプルなデザインなので、毎日でも着れますよ。

 

>>目次に戻る